« Hybrid W-ZERO3にBTKB02をつなぐ | Main | t5720を買ってみた »

2012.03.18

PCと供給電力の話--メモリ4枚挿しではまる

今回はいささかネタ分多めです。

先日、放置気味だったWindows7用PCを組み上げました。
でもって、最初2GB×2枚だったメモリを、4GB×4枚にかえました。

そうしたら……安定しなくなっちゃった。

メモリ交換で、以下のような効能がありましたよ。

・S2復帰に失敗する。
・ブルーサンダーが落ちる。
・アプリケーションがばっつんばっつん落ちる。

で、本家版memtest86でチェックしたら、

びっくり!君の教科書も真っ赤っか

っていうわけで、エラーが大量に出てきました。

で、初期不良交換1回、相性交換1回やって、気が付いたら最初に買ったメモリの倍の値段の
メモリを積んでいたでござる、ということになったのですね。

でもね、それでもね、私はあなたが好きやっぱ安定しねぇ

もうだめぽ、このマザーで4穴責めプレイなんて無理だったんだ、と思ったものの、店で聞いた、

「OC対応マザーはデフォルトでメモリ電圧が高く設定してあることがあるので、1.5Vに下げた方がいい」

という話を思い出してBIOS設定をいじってみました。
とはいえ、マニュアル設定項目は「電圧を上げる」しかない。

さて、ここで問題です。
2GB2枚で安定して動いてます。4GBのメモリ積むと当たり外れがでます。なぜ?
……要は、メモリに食わせる電力が足りなかったっぽい。
メモリに印加する電圧を1.65Vにする設定をしたら、10分前後でエラーの出ていたmemtest86で、
およそ1時間放置してもエラーが出なくなりました。

普通は、マザーは、メモリのSPD読んで、必要な電力を食わせます。
でも、その電力が足りないマザーというか、個体だったようです。
これまでも、PCで電力が足りないでござるというのは何度か経験していましたが、いずれも、
ビデオやや10年くらい前の、電気食いだった頃のHDDでのことだったので、メモリの稼動電力が
たりない、という事にはなかなか気が付きませんでした。

……べっ別に、相性交換で返しちゃったUMAXだったら、1600だったのにとか思ってないんだからねっ。

とりあえずこういうトラブルもあるということで書き残しておきます。

余談
10年ほど前、仕事で、3awreのRAID5カードに、HDD4台搭載という
ファイルサーバみたいな何かを組んだことがありまして。
そうしたらエイジング中にRAIDのリビルドがおこるおこるおこる、ってくらい起こる。
理由は電力不足でした。当時は電源が300Wだと多め、それ以上の使うのは
どこのゲーマだ、っていう時代だったんですね。
当時はまだマニア向け商品だった500W電源を探して、入れ代えて、事なきを得たというようなことがあります。

« Hybrid W-ZERO3にBTKB02をつなぐ | Main | t5720を買ってみた »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference PCと供給電力の話--メモリ4枚挿しではまる:

« Hybrid W-ZERO3にBTKB02をつなぐ | Main | t5720を買ってみた »

My Photo
無料ブログはココログ
January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31