« DNA940を触ってみた | Main | C86申し込みしました »

2014.01.30

DNA940にFreeBSD10.0-RELEASEをインストールする

さて、前回の続きでDNA940にFreeBSDをインストールしていきます。
最低限BIOSとPOSTの画面はシリアルにリダイレクトできます。次に問題になるのはストレージの搭載です。
CFを使用するのであればオンボードにスロットがあるので、何の問題も無いはずです。おそらく、IDEの最初のチャンネルはCFのスロットに割り当ててあるのだと推測できます。

ですが、2.5inchのHDDもしくはSSDを搭載しようとした場合、ひとつ問題がありまして。
オンボードの4ピン電源ソケットが、メスです。
ATX電源では、供給側コネクタはオスです。なので、一般的なIDE電源→SATA電源変換ケーブルしかない場合、接続できません。
4ピンならコネクタだけ交換した電源ケーブルを作るのも簡単ですが、今回は、メス1→オス2の電源分岐ケーブルをジェンダーチェンジャー代わりに使用しました。お金で解決した手抜きです。このケーブルのオスの片方をマザーに接続、もう片方をシリアルATA電源変換ケーブルに接続します。
メスコネクタ部分で二つのオスコネクタが結線されているので、これでマザーからSATA電源を取ることができます。

電源ケーブルのジェンダーチェンジ

SSDを組み込んでケーブルを取り付けるとこうなります。この状態で、ケースを閉じることが可能です。向かって右側のファンは、追加したもです。ジャンク品を4x8の皿ネジで固定しています。
電源は、3pinのファン電源コネクタが基板上に二つあるので、そこから取っています。

パーツとケーブルの取り付け

いよいよFeeeBSDのインストールです。
DNA940でシリアルにリダイレクトされるのはPOST画面までで、そこから先の画面は例えCGA画面でもリダイレクトはしてくれません。そのため、ブートメディアの設定で、予めシリアルコンソールへの出力卯を行うよう仕込んでおく必要があるわけですが。
その辺はちょっと省略して、手抜きな方法をとりました。
他のPCにSSDを繋いでインストールした後、シリアルコンソール有効に設定します。そうやって仕込んだSSDを、DNA940に接続するという方法です。

この方法を採る場合は、以下の点に気をつけてくださいね。

ディスクのデバイス名がインストールしたときのPCとDNA940とで異なることがあります。DNA940のSATAポートに接続した場合は、/dev/ada0になります。
予め/etc/fstabを書き換えて置いてもいいですし、忘れても、起動中のプロンプトで、「システムのパーティションを教えてね」というプロンプトが出てきます。落ち着いて、ufs:/dev/ada0p2とか、実際のパーティションを入れてあげてください。

あと、ゲートウエイになるネットワークインタフェイス名も違う場合があると思うので、そちらも/etc/rc.confの中で変更しておくと良いでしょう。DNA940はIntelのチップなので、インタフェイス名はem0からem3までの3つになります。コンソールポートのすぐ左がcm0で、そこから左にインタフェイスの番号が増えていきます。

DNA940のバックパネル

もうひとつ、シリアルコンソールのボーレート設定は、DNA940のBIOS画面をリダイレクトするシリアル速度と合わせておきましょう。シリアルで見ているときに、POST画面から同じターミナルでシームレスにオペレートできます。

HP t5720の時と違って、ACPI有効のままで動作するようです。また、同じくt5720で上手く動いてくれなかったpowerdもちゃんと動いていました。
システム変数の設定値を引用してみます。

dev.cpu.0.freq: 75
dev.cpu.0.freq_levels: 601/-1 525/-1 450/-1 375/-1 300/-1 225/-1 150/-1 75/-1

最後に、FreeBSDのときのdmesgを曝します。
次回は、この箱をトンネルルータにするか、それともHP t5720が浮いたので、SEIL x86あたりをつっこんでみるか。
そのあたりの予定です。

Copyright (c) 1992-2014 The FreeBSD Project.
Copyright (c) 1979, 1980, 1983, 1986, 1988, 1989, 1991, 1992, 1993, 1994
The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD is a registered trademark of The FreeBSD Foundation.
FreeBSD 10.0-RELEASE #0 r260789: Fri Jan 17 01:46:25 UTC 2014
root@snap.freebsd.org:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC i386
FreeBSD clang version 3.3 (tags/RELEASE_33/final 183502) 20130610
CPU: Intel(R) Celeron(R) M processor 600MHz (600.03-MHz 686-class CPU)
Origin = "GenuineIntel" Id = 0x695 Family = 0x6 Model = 0x9 Stepping = 5
Features=0xa7e9fbbf
real memory = 2139029504 (2039 MB)
avail memory = 2077212672 (1980 MB)
Event timer "LAPIC" quality 400
ACPI APIC Table:
ioapic0 irqs 0-23 on motherboard
kbd1 at kbdmux0
random: initialized
acpi0: on motherboard
acpi0: Power Button (fixed)
acpi0: reservation of 0, a0000 (3) failed
acpi0: reservation of 100000, 7f6f0000 (3) failed
cpu0: on acpi0
attimer0: port 0x40-0x43 irq 0 on acpi0
Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 0
Event timer "i8254" frequency 1193182 Hz quality 100
atrtc0: port 0x70-0x73 irq 8 on acpi0
Event timer "RTC" frequency 32768 Hz quality 0
Timecounter "ACPI-safe" frequency 3579545 Hz quality 850
acpi_timer0: <24-bit timer at 3.579545MHz> port 0x408-0x40b on acpi0
acpi_button0: on acpi0
pcib0: port 0xcf8-0xcff on acpi0
pci0: on pcib0
vgapci0: port 0xff00-0xff07 mem 0xfdf00000-0xfdf7ffff,0xd0000000-0xdfffffff,0xfdf80000-0xfdfbffff irq 16 at device 2.0 on pci0
agp0: on vgapci0
agp0: aperture size is 256M, detected 7932k stolen memory
vgapci0: Boot video device
pcib1: irq 16 at device 28.0 on pci0
pci1: on pcib1
em0: port 0xdf00-0xdf1f mem 0xfdae0000-0xfdafffff irq 16 at device 0.0 on pci1
em0: Using an MSI interrupt
em0: Ethernet address: 00:10:f3:1c:ae:3a
pcib2: irq 17 at device 28.1 on pci0
pci2: on pcib2
em1: port 0xcf00-0xcf1f mem 0xfd6e0000-0xfd6fffff irq 17 at device 0.0 on pci2
em1: Using an MSI interrupt
em1: Ethernet address: 00:10:f3:1c:ae:3b
pcib3: irq 18 at device 28.2 on pci0
pci3: on pcib3
em2: port 0xaf00-0xaf1f mem 0xfdee0000-0xfdefffff irq 18 at device 0.0 on pci3
em2: Using an MSI interrupt
em2: Ethernet address: 00:10:f3:1c:ae:3c
pcib4: irq 19 at device 28.3 on pci0
pci4: on pcib4
em3: port 0xef00-0xef1f mem 0xfdce0000-0xfdcfffff irq 19 at device 0.0 on pci4
em3: Using an MSI interrupt
em3: Ethernet address: 00:10:f3:1c:ae:3d
uhci0: port 0xfe00-0xfe1f irq 23 at device 29.0 on pci0
uhci0: LegSup = 0x2f00
usbus0 on uhci0
uhci1: port 0xfd00-0xfd1f irq 19 at device 29.1 on pci0
uhci1: LegSup = 0x2f00
usbus1 on uhci1
ehci0: mem 0xfdfff000-0xfdfff3ff irq 23 at device 29.7 on pci0
usbus2: EHCI version 1.0
usbus2 on ehci0
pcib5: at device 30.0 on pci0
pci5: on pcib5
isab0: at device 31.0 on pci0
isa0: on isab0
atapci0: port 0x1f0-0x1f7,0x3f6,0x170-0x177,0x376,0xfa00-0xfa0f at device 31.1 on pci0
ata0: at channel 0 on atapci0
ata1: at channel 1 on atapci0
atapci1: port 0xf900-0xf907,0xf800-0xf803,0xf700-0xf707,0xf600-0xf603,0xf500-0xf50f mem 0xfdffc000-0xfdffc3ff irq 19 at device 31.2 on pci0
ata2: at channel 0 on atapci1
ata3: at channel 1 on atapci1
pci0: at device 31.3 (no driver attached)
uart0: <16550 or compatible> port 0x3f8-0x3ff irq 4 flags 0x10 on acpi0
uart0: console (9600,n,8,1)
uart1: <16550 or compatible> port 0x2f8-0x2ff irq 3 on acpi0
ppc0: port 0x378-0x37f,0x778-0x77b irq 7 on acpi0
ppc0: Generic chipset (NIBBLE-only) in COMPATIBLE mode
ppbus0: on ppc0
lpt0: on ppbus0
lpt0: Interrupt-driven port
ppi0: on ppbus0
pmtimer0 on isa0
orm0: at iomem 0xc0000-0xce7ff,0xd0000-0xd3fff,0xef000-0xeffff pnpid ORM0000 on isa0
sc0: at flags 0x100 on isa0
sc0: VGA <16 virtual consoles, flags=0x300>
vga0: at port 0x3c0-0x3df iomem 0xa0000-0xbffff on isa0
atkbdc0: at port 0x60,0x64 on isa0
atkbd0: irq 1 on atkbdc0
kbd0 at atkbd0
atkbd0: [GIANT-LOCKED]
p4tcc0: on cpu0
Timecounters tick every 1.000 msec
random: unblocking device.
usbus0: 12Mbps Full Speed USB v1.0
usbus1: 12Mbps Full Speed USB v1.0
ugen0.1: at usbus0
uhub0: on usbus0
ugen1.1: at usbus1
uhub1: on usbus1
usbus2: 480Mbps High Speed USB v2.0
ugen2.1: at usbus2
uhub2: on usbus2
uhub0: 2 ports with 2 removable, self powered
uhub1: 2 ports with 2 removable, self powered
ada0 at ata2 bus 0 scbus2 target 0 lun 0
ada0: ATA-7 SATA 2.x device
ada0: Serial Number CVPO031001PT080JGN
ada0: 150.000MB/s transfers (SATA, UDMA5, PIO 8192bytes)
ada0: 76319MB (156301488 512 byte sectors: 16H 63S/T 16383C)
ada0: quirks=0x1<4K>
ada0: Previously was known as ad4
Timecounter "TSC" frequency 600034419 Hz quality 800
Root mount waiting for: usbus2
Root mount waiting for: usbus2
Root mount waiting for: usbus2
Root mount waiting for: usbus2
uhub2: 12 ports with 12 removable, self powered
Trying to mount root from ufs:/dev/ada0p2 [rw]...
ugen0.2: at usbus0
ukbd0: on usbus0
kbd2 at ukbd0
uhid0: on usbus0
em0: link state changed to UP
WARNING: attempt to domain_add(netgraph) after domainfinalize()


« DNA940を触ってみた | Main | C86申し込みしました »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DNA940にFreeBSD10.0-RELEASEをインストールする:

« DNA940を触ってみた | Main | C86申し込みしました »

My Photo
無料ブログはココログ
January 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31